大阪大学医学部歯学部ラグビー部

今回、お話を伺ったのが医学科2年になる澤宏樹くん。大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 心臓血管外科 主任教授、澤 芳樹先生を父にもつ澤君。彼とのやり取りで、彼がなぜ、ラグビー部に入ったのか、そして気になる大学生活、恋愛事情についても知ることができた。

―それではまず、お名前と出身高校、その時の部活を教えてください。

澤「澤宏樹です。自由を愛する甲陽学院高校出身で、テニス部に入っていました」

―さっそくですが、なぜ、ラグビー部に入ったんですか?

澤「部活の雰囲気に憧れて入りました!毎年四月は新入生歓迎の期間があるのですが、そこでいろいろな部活を回った結果ラグビー部が一番楽しそうだと思いました。」

―入ってみてどうでしたか。

澤「予想した通り、本当に雰囲気のいい部活でした!先輩たちはラグビーを丁寧に一から教えてくれました。それに、部活でスノボー旅行に行ったり、先輩に松坂牛をごちそうになったり、同級生や先輩とUSJに行ったり、とにかくイベントが多くて楽しいです。練習後の食事が1年間タダというのも、うれしいです。そしてなにより、仲間と苦しいことやうれしいことを共有し、仲間がいるからがんばれるという感覚を味わえるということが素晴らしいです。」

―バイトや恋愛について聞かせてください。

澤「それは僕が聞きたいくらいですよ(笑)。なんでか僕はほんとうにもてないんですよ。ほんとたくらさん(注5年生)みたいにイケメンになってモテモテになりたいですわ。
バイトはほとんどみんなしていますね。大半は教育系のバイトですね。人によってはものすごくバイトをがんばっている人もいれば、週1回という人もいますね。」

―先輩として1年生にメッセージをどうぞ。

澤「部活に入らなければ得られないものがたくさんあると思います。それを楽しく得るためには、やはり部活は雰囲気で選ぶのが一番だと思います。ぜひ、ラグビー部に一度来てみてください!あなたが自分の肌に合った部活を探して、充実した大学生活を送れることを願っています。」

ありがとうございました。

今回のメールのやり取りを通じて澤くんの印象が大きく変わりました。少しでも、ラグビー部に興味をもたれたら、そして澤くんと話してみたいと思ったら、ぜひ新入生歓迎練習に来てください!!!



大阪大学医学部歯学部ラグビー部