大阪大学医学部歯学部ラグビー部

今回、入部体験記を語っていただくのが、高校の時に留学をしていた国際派の萩原英理さんと1年生のファッションリーダー、内山真実さん。会談は大学付近のとんかつ屋で終始和やかな雰囲気で行われた。今回のインタービューで彼女たちの秘めたるラグビー部に対する思いと充実した私生活の一端を垣間見ることができた。

まず、お名前と出身地、大学は何ですか?

萩原「博多から来ました萩原英理です。部内ではえりんぎって呼ばれています。大阪大学医学部保健学科に通っています。」
内山「神戸育ちのまさみんこと内山です。神戸女学院です。」

さっそくですが、どうしてラグビー部のマネージャーをやろうと思いましたか?

萩原「保健学科の新歓のときに、ラグビー部の人からビラを渡されたのがきっかけで、見学に行ってみたら、楽しそうだったので入部しました。」
内山「大学のロッカーで先輩のマネさんからビラを渡されたからですね。」

なるほど、入ってみてどうでしたか?

萩原「先輩マネさんや同級生、その他老若男女問わず仲が良く、楽しんでやっています。」
内山「覚えることが多くて大変なこともありますが、先輩のマネさんが助けてくれるので、がんばってます。一番大変なのが、タッチフットでレフリーをするときですね。」
萩原「あー、それわかる。大変だよね笑」

たしかに、あれは難しいですね、僕もうまくふける気がしない笑
さて、話が変わりますが、今の大学生活について教えてください。

萩原「大学ではいままでと違い、いろいろな人がいて、毎日が新鮮ですね。」
内山「私、神女で茶道部にも所属しているんですけど、そこでは、ラグビー部とはまた違った友達と楽しくやっています。その友達と旅行もしたり、ラグビー部の1年生とUSJに行ったり、日々楽しんでます。」

一年間、大学生活を送ってきた先輩として、新しく入る一年生に対してなにかメッセージはありますか?

萩原「大学は高校までとは違い、自由で、色々なことができる、とにかく楽しい場所です。貴重な4年間を充実させるためにも自分から積極的に動きましょう!」
内山「サークルや部活に入ることは大切だと思います。もし少しでもラグビー部に興味をもたれたら、見学にだけでも一度来てください。」

ありがとうございました。

今回の会談では輝いている2人の目が印象的でした。少しでもラグビー部に興味を持たれた方は遠慮なく見学に来てください!!



大阪大学医学部歯学部ラグビー部